歯を守る虫歯治療~大切な歯を守るために~

歯の代表的な病気、虫歯。虫歯は、虫歯菌が歯の表面に付いたプラーク(歯垢)を栄養にして酸を出し、歯を溶かしていく病気です。それにより、「歯が黒ずむ」「歯が痛い」といった症状が出てきてしまうのです。

虫歯になる仕組み

お口のなかは酸が歯を溶かす「脱灰」と、歯を守る「再石灰化」という状態が同時に行われ、このバランスが保たれていれば歯が虫歯になることはありません。ですが、何らかの原因で「脱灰」の状態が続くと、虫歯になってしまいます。「脱灰」の状態になる原因は以下のように複数あり、それらの原因が重なることで虫歯のリスクが高まります。

虫歯の4条件

ミュータンス菌の増殖 歯の性質

ミュータンス菌の増殖

ブラッシングを怠ると虫歯菌は増殖し、歯垢(プラーク)、バイオフィルムを作ります。

歯の性質

虫歯への抵抗力が弱いと虫歯菌が増殖しやすくなります。

糖分の摂りすぎ 時間の経過

糖分の摂りすぎ

虫歯菌は糖分を栄養にして酸を生成します。口腔内が酸性に傾くと虫歯になります。

時間の経過

食後すぐにブラッシングしないなど、糖分がお口のなかにとどまっている時間が長いと虫歯のリスクが高まります。

虫歯菌の活動の様子

口のなかが酸性になっている時間が長くなり酸性度が高くなると、虫歯ができやすい状態になります。虫歯を作らないためには、以下に注意するようにしましょう。

  • ページの先頭へ戻る

治療より予防が大事

確かに虫歯を治療すれば、痛みなどの症状はなくなります。ですが、削った歯はダメージを受け本来歯が持つ虫歯への抵抗力も弱まります。また、削った部分をどんなに精巧な詰め物で補ったとしても、歯と詰め物の隙間に虫歯菌が入り込み、再発する可能性があるのです。治療は症状の進行を食い止め失った機能を補うことはできますが、元の健康な歯を取り戻すことはできません。

歯にとって一番いいのは、治療などの必要がない健やかな状態を保つことです。そのためには、毎日のブラッシングはもちろん、歯垢(プラーク)を取り除くクリーニングや歯を丈夫にするフッ素塗布などを行うことが重要です。ぜひ定期検診を受けて、虫歯のない健やかな口腔内環境を保ちましょう。
» 虫歯を作らないための予防ケア

虫歯になってしまったら……

虫歯は一度できてしまったら自然治癒することはありませんので、早めに受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

虫歯の進行段階と治療法

こうやって虫歯は進行します

進行段階 C0 C1 C2 C3 C4
 
症状 ごく初期の虫歯です。歯の表面のエナメル質が溶かされ白濁しています。痛みなどの自覚症状はありません。 エナメル質が黒ずんでいます。冷たい物などがしみるといった症状があります。 エナメル質の内部にある象牙質まで進行しています。冷たい物・甘い物がしみるようになり、痛みを感じることもあります。 神経にまで達しています。何もしていなくても、歯が激しく痛み、温かい物も歯にしみるようになります。 歯の根まで溶かされています。神経が死んでしまっているため、痛みはありませんが、膿が溜まってくると再び激しい痛みが生じます。
治療法 丁寧なブラッシングやフッ素塗布で治癒することがあります。 患部を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。 患部を削り、詰め物(インレー)を装着します。 神経を取り除く根管治療を行う必要があります。治療後は被せ物(クラウン)で歯の機能を補います。 ほとんどのケースで抜歯が必要となります。抜歯後は、入れ歯などで歯の機能を補う治療を行います。

たかやま歯科では、カウンセリングにて患者さまのお悩みや治療の希望をじっくり伺ったうえで治療を進めています。検査を入念に行ったうえでお口の状態や考えられる治療の選択肢をお話しし、患者さま自身で治療方法を選択できるようサポート。症状にあった適切な治療方法を一緒に選んでいきます。

院長からの一言コメント

当院では、痛みを最小限に抑えた治療を心がけています。「痛みが怖い」という方も当院であれば安心して治療できるかと思いますので、どうぞ安心してご来院ください。

  • ページの先頭へ戻る

歯がしみるもう一つの原因・親知らず

「親知らず」は前歯の中央から8本目にある歯のことです。永久歯が生えそろった後、十代後半くらいから生え始めます。現代人は顎が小さいため生えるスペースがなく、斜めや真横に生えてきたり歯ぐきに埋まったままだったりするため、生える際に傷むことがあります。

親知らずは必ず抜歯しなければならない、というわけではありませんが、炎症や痛みなど口腔内に悪影響を及ぼす場合には抜歯が必要になります。

親知らずの抜歯が必要な場合

  • 激しい痛みや腫れが起こっている
  • 埋もれたまま伸びて神経に障っている
  • 横向きなど傾いて生え、他の歯に負担をかけている
  • 親知らずが原因で上下の歯がうまく咬み合わない
  • 親知らずが虫歯になっている

デンタル豆知識 妊娠をお考えの方へ

妊娠すると細菌やウイルスに対する免疫機能が低下してしまいます。そのため、妊娠中は親知らずが腫れたり痛みが出たりしやすくなります。腫れや痛みがある場合、本来は抜歯するケースが多いですが、妊娠中の場合母子の安全を考えて、できるだけ産後に治療することになります。妊娠の予定があり親知らずが生えている方は、妊娠前にぜひ一度ご相談ください。

親知らずは、痛くなった時点ではすでに炎症が起こっており抜歯しなければならないケースがほとんどです。痛みなどの症状が起こる前にご来院いただければ痛い思いをせずにすみますので、親知らずでお困りの方は一度ご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る