パパ・ママ必見!お子さまと一緒に小児歯科に行こう!

お子さまの歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)に比べて、やわらかく虫歯菌への抵抗力が弱いため、虫歯にかかりやすく進行しやすいのが特徴です。乳歯の頃に虫歯になりそれを放っておくと、口腔内に虫歯菌は増えつづけ、永久歯が生える頃には虫歯になりやすい環境が整ってしまいます。また、虫歯で乳歯が抜けると、後から生えてくる永久歯が傾いたり重なって生えたりしやすくなり、歯並びが悪くなります。お子さまが生涯にわたって健康な歯を維持していくためには、乳歯の頃から適切なケアを行う必要があるのです。

大切なのは、虫歯にならないようにしっかりケアをすること。ご自宅でのブラッシングはもちろん、定期的に歯科医院を受診して虫歯を寄せ付けない強い口腔内環境に整えましょう。予防ケアでは、歯を削るキーンという音や不快感もないので、お子さまも怖がることなく受けていただけます。

たかやま歯科の小児歯科

たかやま歯科では、以下のような小児歯科メニューでお子さまの健康な口腔内環境をサポートしています。ご自宅でのホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアのダブルケアで、お子さまのお口の健康を守りましょう。

ブラッシング指導
ブラッシング指導
お子さまのお口の状態に合わせて磨きにくい箇所、歯や歯ぐきへの歯ブラシのあて方、動かし方などを含めた適切なブラッシング方法を指導します。親御様へは仕上げ磨きの仕方をレクチャーします。
シーラント
シーラント
生えたばかりの奥歯には深い溝があり汚れがたまりやすいので、虫歯のリスクが高まります。その溝の部分を歯科専用のプラスチックで埋めてしまうことで、食べかすなどがたまりにくくなり、虫歯が予防できます。
フッ素塗布
フッ素塗布
歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。
矯正
矯正
歯並びが乱れて生えてきている場合に行う矯正治療です。矯正装置を使って、歯が正常に生えるためのスペースを作り、正しい歯並びへと導きます。

親御様へのお願い

院長の一言メッセージ

お子さまの歯の治療には親御様のご協力が不可欠です。仕上げ磨きなどホームケアでお子さまのブラッシングをサポートするとともに、定期検診に通うようにしましょう。

  • ページの先頭へ戻る