歯周病治療~健やかな口腔内を保つために~

歯周病は、日本人の成人のうち約8割が患者または予備軍とされる病気。歯を失う原因の第一位にもなっています。初期は自覚症状が乏しいため気づかないまま進行しやすく、重症化することも珍しくありません。重症化すると歯を支える骨まで冒され、歯を失うこともあるのです。

歯周病の原因

歯周病は、歯垢(プラーク)や歯石に棲みつく歯周病菌によって歯周組織(歯ぐき、顎の骨など)が炎症を起こし、歯を支えるあごの骨を溶かす病気です。歯周病は歯周病菌による感染が原因で起こり、他人へ感染することもありますので、ご家族全員でのケアが必要です。

歯周病の症状

以下のような症状がある場合には、歯周病の可能性があります。早めに来院するようにしましょう。

歯周病の検査と治療

当院では、検査をしっかり行い患者さまのお口の状態を客観的に評価したうえで、歯周病治療を行っています。

検査
歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど進行していることになります。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨が薄くなっているほど進行していることになります。
治療
ブラッシング指導
ブラッシング指導
歯並びや年齢によって、適切なブラッシング方法は異なります。歯科衛生士が専任でつき、患者様のお口の状況に合った方法を指導します。正しい方法を身につけて、歯周病を効果的に予防しましょう。
専用器具と研磨剤を使って普段の歯磨きでは取り除けない歯の汚れを取り除きます。
SRP
SRP
専用器具を使って普段の歯磨きでは取り除けない、歯の表面や歯周ポケットのすき間に付着したプラークや歯石、バイオフィルムを除去。その後、ザラついた歯面をなめらかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。
歯周外科手術
歯周外科手術

進行した歯周病に対して行う外科的処置です。

  • 「歯周ポケットそうは術」・・・歯周ポケットが比較的浅い場合に行う処置。局所麻酔を行ってから特殊な道具を使って、歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。
  • 「フラップ手術」・・・歯周ポケットが深い場合に行う処置。麻酔をしたうえで歯ぐきを切開して歯根を露出させ、プラークや歯石、感染した歯周組織を除去します。
再生治療
再生治療
歯周病により失った骨や歯ぐきを再生するための治療です。薬剤や歯科材料などを用いて、骨や歯ぐきの自然再生を促します。

歯周病は予防が重要

歯周病の1番の治療は、歯周病を予防すること。歯周病は、サイレント・ディジーズ(静かなる病気)と呼ばれるほど自覚症状が乏しく進行しやすい病気です。症状に気付いてからではかなり進行していることも多いので、定期検診に行って病気の有無のチェックや歯のクリーニングなどの処置を受けて予防に努めることが重要です。

» 予防歯科の詳細はこちら!

デンタルコラム 口臭治療もお任せください

口臭にはさまざまな原因があり、虫歯や歯周病などの口腔内の病気による場合には当院で解消することができます。しかし、まれに口臭の原因が糖尿病や胃潰瘍、肝機能障害などの全身疾患である場合も。当院では、口臭の原因が口腔内でない場合には、信頼できる内科病院をご紹介し、連携を取りながら口臭の改善に努めています。一人で悩まず、まずは当院までご相談ください。

院長の一言メッセージ

歯周病は気付きにくい病気。歯を失う1番の原因であることを踏まえ、将来の自分のために欠かさずにケアしたいものです。いつまでも健康な自分のために、そして家族の健康のために今、はじめませんか?

  • ページの先頭へ戻る